お客様を呼び込むサイト作りのSEO対策で知っておきたい基本のキ

アメブロから始まるWeb集客の仕組み作り。
女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。

 

検索されるサイトを作るSEO対策

SEO対策という言葉は聞いたことがあると思います。どんなに難しい対策をするんだろうと思ってますよね?何も大変なことはなく、知識があれば誰でもできることなんです。

SEO対策はGoogle対策

日本の検索の90%はYahoo!とGoogleです。女性はYahoo!を好み、男性はGoogleを使っている率が高いように感じます。私のお客様は女性だから、Yahoo!の上位を目指すのがSEO対策?いえいえ違います。Yahoo!の検索結果はGoogleの検索エンジンを使っているので、Googleに対する対策をすればOKなんです。

Googleの理念


ところで、Googleって何をやっている会社で、どうやって収益を得ているかご存知でしょうか。

 

Googleは検索結果を提供し、広告によって収益を上げている企業です。検索ユーザーがGoogleが教えてくれた検索結果に満足しないで、他の検索サイトに行ってしまえば会社が傾くのです。検索ユーザーのために、検索ユーザーが求める情報を上位に表示させていると理解してくださいね。

 

検索結果をお金で買うことはできません。広告には広告と表示が入りますよね。

 

Googleのアルゴリズムが変わった!など、情報に右往左往させられますが、全て検索するお客様のためなんです。スマホからの検索が増えたからモバイルフレンドリーなサイトを上位表示させるようになりました。検索ユーザーが早く結果を見られるようにAMP表示のサイトが上位になるようになりました。Googleが提供している他のサービスも、全てお客様のためです。

 

この前提を元に、Googleはどんなサイトを評価するのか考えてみましょう。

 

 

価値を評価するのはあなたではなくGoogle

人の役に立つ記事をガッツリ書いたつもりでも、Googleの評価は低かったり、そんなに気合を入れて書いた記事ではないのに評価されたり。

 

評価するのは書き手ではなく、Googleです。

 

それも人ではなく、機械が判断しているからなんです。機械には書き手の感情も伝わりませんし、あなたの「上位表示されたい」という想いはどうでもいいこと。検索ユーザーの役に立つ情報を上位に表示してくれているのです。

 

 

どんなサイトが上位に表示されるのか

上位表示されるのはどんなサイトなのでしょうか。先ほどから書いているように、検索ユーザーの探している情報が入っているサイトです。それを判断しているのは人ではなく機械です。残念ながら、まだ書き手の心情まで理解できません。人の役に立っている記事は、200以上ある、Google独自のアルゴリズムによって順位を決めているのです。

では、Googleの目線で考えてみましょう。(相手は機械ですよ)

 

滞在時間

開いた人が10秒で閉じてしまうページと、3分留まっているページ。どちらに有意義な情報を書いてあると判断するでしょうか?

そう、3分留まっているページです。10秒で閉じられてしまったページは、役に立たないので閉じられたと判断されます。

 

アクセス数

毎日100アクセスあるサイトと毎日1000アクセスあるサイト。どちらが有益な情報を提供していると判断されますか?

そう1000アクセスあるサイトですね。多くの人が訪れるサイトには、良い情報が沢山あるから訪れるんだと判断されるのです。

 

内容

毎日お仕事に関する内容のみを書いているサイトと、日々のお仕事以外にランチや旅行、子育てまで載せているサイトはどちらを評価するでしょう?

はい、お仕事のみ載せているサイトですね。紅茶を販売しているサイトと言いながら、お洋服の情報、ランチのお店の情報を載せているサイトより、紅茶に関連することだけ書いているサイトを優先します。たぶんあなたがGoogleでもそうしますよ。紅茶を探している人には、紅茶の専門家、紅茶に関することだけ書いてあるサイトを紹介するでしょ?

 

ボリューム

まだ30記事しかないサイトと、既に300記事あるサイトでは?

もうおわかりですね、専門的な情報が300記事あるサイトの方が、情報量も多いし、アクセスも集まってきていることでしょう。人の役に立つ可能性が高いとGoogleは判断する可能性が高いのです。検索される記事が多ければ多いほど、アクセス数も上がってくるので一石二鳥。

 

専門的な内容で、滞在時間が長く、アクセス数が多い記事を積み重ねれば、次第にボリュームも増えてきて、アクセス数も上がってくるという、良い循環になってくればしめたもの!そこまではつらくてもコツコツと、効果が出るまで諦めずに続けるしかないのですよ。

 

 

検索エンジンの向こうには人がいる

SEO対策という言葉を聞くと、機械に対する対策と考えがちです。どうやって機械を欺くかなんて考えたら間違いなく失敗しますよ!検索しているのは”人”で、Googleはその検索している”人”のために存在し、進化しているだけなのですから。

 

検索エンジンがどんな仕組みかを知ることと、多少のテクニックは必要かもしれません。機械は書いた人の心情までは読み取れませんので。

 

検索エンジンの仕組みと、多少のテクニックさえ知れば、誰でもできるのがSEO対策です。検索する人が欲しい情報、検索エンジンから評価してもらえるサイトを作って行きましょう。

 

 

まとめ

以前は隠しタグを入れるようなスパム的な方法を使い、上位表示させることも可能でした。現在はスパム的な手法は通用しなくなっています。今後、新たな手法が出てきたとしても、Googleは検索ユーザーのために対応していくことでしょう。

 

Googleの理念を理解して、検索している”人”の役に立つ有益な情報をコツコツと積み重ねていくのがSEO対策の基本です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。