ブログを書くのがつらいときにチェックしたい3つのポイント

毎日ブログを更新するのがつらい。
記事ネタが見つからない。
パソコンに向かっても書けなくて無駄な時間を費やしてしまう。

つらいですよね。

もし、あなたが人の目を気にして書きたいことを書けないでいるなら、気にするのはやめましょう。ブログは思っているより読まれていません。先を行くライバルたちは、あなたのことなんて見てもいません。気にするのはお客様の目だけにしましょうよ。

人の目なんて気にしていませんというなら、以下の3つのポイントをチェックしてみてください。

 

専門知識が乏しい

ブログで自分の専門分野について書くというのは、その分野での先生です。

私も日々、他の方のブログを見ては、
ほお!
そうなんだ!
それは便利!

知らないことを知り、生活に取り入れています。

専門分野のことを書くのにネタが尽きてしまうとしたら、まだ専門家としての知識が乏しいのかもしれません。もっと勉強して知識を増やしましょう。

 

お客様の気持ちに寄り添えていない

知識はあるけど毎日ブログを書けない、反応が悪いという場合、お客様の気持ちに寄り添えていないのかもしれません。

あなたのペルソナはどんなことに悩んでいますか?
何を知りたいですか?

お客様のお悩みを調べて書き出してください。専門家として、それを解決してあげましょうよ。

 

本当にやりたいことではない

知識はある、お客様のお悩みもわかっている。けどブログは書けないという場合、今やろうとしていることが本当にやりたいことなのか自分自身に問いかけてみてください。

やりたくないブレーキがかかっているかもしれません。実はこれが多いのです。

本当にやりたいことであれば、
これも教えてあげたい
こんなことも知りたいよね
次々と記事ネタは湧いてくるはずなのです。

実は私自身もそうでしたし、多くの女性をサポートする中で、取った資格や妙な縛りで本当にやりたいことじゃないという方もいらっしゃる。

 

まとめ

あなたが毎日ブログを書けないなら、専門知識が乏しくないか、お客様のお悩みを把握しているか、本当にやりたいことなのか、3つの点を見直してみてください。

商品をちょっと変える、ターゲットを変えるだけで、毎日書けるようになった、書くことが苦痛じゃなくなった、楽しんで書いているよねと言われるようになったという例もあります。

毎日苦も無く書いている人はいません。みんな頭から湯気を出して唸りながら書いています。それでも書くのは仕事に結び付けたいから、自分の知識や技術で誰かのお役に立ちたいからです。

あなたの知識や技術を必要としている人に情報を届けられるように頑張ろう!

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。