WordPressのサイドバーにLinkedInの公開プロフィールバッジを埋め込む方法

公開日 2021年7月4日 最終更新日 2021年7月4日

LinkedInはビジネス用SNSです。実名制なので信用度も高く、出身校や仕事の経歴などもわかりやすい。

Facebookと違い、プライベートを投稿している人はいないですね。仕事に特化した投稿がメインです。

企業相手に仕事をしていきたい人、企業の役に立つスキルがある人にはお勧めをしています。

LinkedIn公開プロフィールバッジ作成ツール

LinkedInには、ブログやウェブサイトに掲載できる公開プロフィールバッジを作成するツールがあります。

コードを取得して、ブログのサイドバーやウェブサイトのメインセクションに埋め込むことができるのです。

今回はWordPressのサイドバーに埋め込む方法をお伝えします。

(※アメブロのサイドバーやnoteの記事には埋め込めませんでした)

WordPressのサイドバーにLinkedInの公開プロフィールバッジを埋め込む方法

WordPressのウェジットを使います。(お使いのテーマによっては若干操作方法が違うかもしれません)

ダッシュボードのメニューから『外観』⇒『ウェジット』を選択します

ウィジェットの中から、カスタムHTMLを選び、右の▼をクリックしましょう。

どこに入れるかの選択です。今回はメインサイドバーを選びます。

タイトルを入れます。今回は『リンクトイン』と入れました。

次に、LinkedInに行き、公開プロフィールとURLを編集をクリックします。

スクロールして、『公開プロフィールバッジ』の『バッジを作成』をクリック。

ステップ1にあるコードをコピーしてください。

WordPressに戻り、開いてあるカスタムHTMLの内容の部分にペースト。

再度LinkedInに行き、ステップ2です。

バッジ1はページのメインセクションへの埋め込みに適しているので、メインセクションに埋め込みたい場合はバッジ1のコードを取得してください。

今回はサイドバーに埋め込むのでバッジ2。バッジ2は、縦長で、サイドバーへの埋め込みに適しています。

サイズは中が幅250ピクセル、大が幅300ピクセルとなっていますので、サイドバーのサイズに合わせてどちらかを選びます。私は300ピクセルを選びました。

白背景と黒背景があるので、お好きな方のコードをコピーしてください。

WordPressに戻り、先ほどステップ1で入力したコードの下に、コードをペーストし、右下にある『保存』ボタンで保存をしてください。

メインサイドバーに『リンクトイン』が入りました。追加すると一番下に入るので、ドラッグアンドドロップでお好きな場所に移動してくださいね。

保存をしたあと、WordPressのサイドバーを見ると、入っています。

ウィジェットを自分でいじれるようになろう

ウィジェットを自分でいじれるようになると、WordPressの外観を自分で好きに変えられるようになります。サイドバーだけではなく、フッターに入れたり、メニューバーをいじったりと自由自在。

私のグローバルメニューにある『無料メールレッスン』は、メルマガスタンドへのリンクを入れてあります。

サイドバーには、サイドバーに最新のブログ記事を入れたり、画像にリンクを貼ったり、カテゴリーやアーカイブも入れてあります。TwitterやFacebookも埋め込んであります。

また、フッターには、ステップメールのバナーも入れてありますので、スマホで見てもフッターに表示されます。

慣れないうちは、ウィジェットをいじるのが怖いかもしれませんが、失敗したら、そのウィジェットを削除すればいいだけです。やってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

WEBマーケティングセミナー、SNSマーケティングセミナー講師。 WEBマーケティングコンサルタントとして活動中。WEBを活用したデジタルマーケティング、検索に強いサイト作り、売り込まなくても喜んで買ってもらえる仕組み作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。