女性の集客専門アドバイザー・増田恵美

検索 | 自分らしく美しく華麗に集客できる仕組みづくり女性の集客専門アドバイザー・増田恵美(ますだめぐみ)です。



テーマ:検索

アメブロから始まるWeb集客の仕組み作り。

女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。

ブログ初心者、パソコン苦手な女性に向けてWeb集客のアドバイスを書いています。

 

 

 

顧客の購買行動の変化

インターネットの普及で、消費者の購買行動は変わりました。

1920年代から使われていたAIDMAやAIDAからAISASへ。

 

 

 

 

 

AISAS

これはどうやら日本の広告代理店が作った言葉だとか。

今の社会には、これが一番ピッタリくるのではないでしょうか。

 

Attention(注意)

Interest(関心)

Search(検索)

Action(行動)

Share(共有)

 

 

つまり、

何かを見つけ

興味を持ち

検索をする

商品やサービスを購入して

嬉しくてSNSなどでシェアする

「あら、普段私がやっていることそのものだわ!」と思った人も多いはず。

と書いている私も、日々行っている行動です。

 

インターネット社会での具体的な購買行動

では、消費者はどんな購買行動をするのかイメージしてみましょうか。

Attention(注意)

4月の検索に特化したセミナーの中で、SNSで気付かせるという言葉がありました。

それだよね。

 

 

SNSは自分のサービスを売り込むのではなく、

「あ、これ欲しい」

「あ、これ私に必要だわ」

と思わせること。

 

 

「この人は良い情報を提供してくれる人だ」と認識されると、SNSでは感謝され、沢山の方に見てもらえるようになるんですよ。

Interest(関心)

人は、自分に必要だと思うと興味を持ちます。

見掛けたものに関心を持ち、欲しくなる、行きたくなる。

Seach(検索)

次に、その欲しいものを検索します。

検索窓に商品名や関連するキーワードを入れますよね?

テレビで紹介された商品やお店が気になって、その会社のウェブサイトを検索してみた。

ビジーになっていて、アクセスできなかったという経験はありませんか?

それも、多くの人が検索という同じ行動をしているからです。

Action(行動)

検索してウェブサイトで確認し、本当に自分に必要であれば購入に至ります。

そのために、検索されるウェブサイト作り、信頼される内容が必要となります。

余談ですが、少し前にフェイスブックとインスタグラムに安いバッグの広告が現れました。

日本語がおかしく、漢字も日本では使わない漢字でしたので、外国の企業だと思います。

どこを探しても、企業の所在地や電話番号も記載してありません。

いくら広告を出していても、信頼できないところからは買わないよね!

 

 

Share(共有)

購入したものが良い商品やサービスであれば、他の人にも教えてあげたくなるのが人です。

インターネットができる前は、人から人への口コミだけでしたが、今は違います。

個人がブログに書いたり、SNSで発信したりできるのです。

 

 

 

 

 

AISASは循環して広がる

以前のAIDMAやAIDAとAISASの違いは、循環していることだと思っています。

そのShareを見た人がAttention→Interestを持つという流れになります。

 

 

お客様に満足していただき、シェアしてもらえる。

そんなビジネスが成功する世の中になったということ。

 

 

お店も、SNS映えする料理やスイーツなどを提供するようになりました。

以前は高級店では料理の写真はNGなどと言われていましたが、今は積極的に撮ってシェアして欲しがりますよね。

 

 

自分で売り込むのではなく、目の前にいる一人のお客様に満足してもらい、シェアした広がるという時代になったということですね^^

 

ベル7日間で集客ブログが完成する無料メール講座ベル
読者登録はこちらからからダウン画像クリックで登録フォームに飛びます。

 


テーマ:検索

アメブロから始まるWeb集客の仕組み作り。
女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。
ブログ初心者、パソコン苦手な女性に向けて、ウェブ集客のアドバイスを書いています。

 

 

あなたの名前は平仮名?カタカナ?それは本名ですか?

 

ビジネスで、ブログやSNSで使う名前は、本名にしましょうとお伝えしています。
その理由について書きますね。

 

信頼されるため

もし、私の本名が増田恵美ではなかったら。
セミナー代金の振り込み口座を入力したら、別な名前が表示される訳です。

 

「あれ?口座番号が間違えているのかな」
不安になりませんか?
少なくとも、その日は振り込みを止め、私に問い合わせると思います。

 

「あ、増田恵美は偽名で、表示されたそれが私の本名です」と言われたら、
「なんで偽名を使うんだろう…」疑心暗鬼になりませんか?

 

信頼を失うかもしれない。
これが一つ目の理由です。

 

もう一つの大きな理由について書きますね。

 

 

氏名検索される人になるため

検索の一歩目は、お悩みを抱えた未来のお客様が、どんな言葉を検索窓に入れるのかから始まります。
その未来のお客様が、あなたのサイトに辿り着き、サービスを受ける。
満足して口コミで広がるんですね。

 

プロカメラマン藤谷勝志さんには、女優さんやタレントさん、ご本人から依頼の電話がかかってくるそうです。
事務所やマネージャーではなく本人が直接電話してくるんだって。

 

それは、撮ってもらった人が誰に撮ってもらったかを聞かれ
「藤谷勝志さんに撮ってもらったの」と答え、氏名検索されているからなのではないかと思います。

 

 

これってね、実は、ビジネスの大きな目標、検索の最終目的なんですよ。

 

良いサービスを提供していると、口コミで広がります。
「あの人が言ってた〇〇さんに私もお願いしたいな」
氏名で検索されるようになるのです。

 

あなたの噂を聞いた人が、あなたの名前を検索窓に入れてあなたを探すようになります。
私なら『増田恵美』で検索されるということね。

 

もし私が『ますだめぐみ』とか、『Megumi』なんて名前でホームページを作ったり、ブログを書いていたりしたら?

せっかく探してくれていても辿り着いてもらえないのですよ!

 

 

ビジネスネームを使うなら

本名が一番ですが、何らかの事情があってビジネスネームを使うなら、全て統一しましょう。
名刺、(Facebook)、ブログ、ツイッターなど全て同じ名前にするの。
その名前が広まり、名前で検索して表示されればいいことなので。
ただ、銀行振込の際には、先に
「〇〇と名乗っていますが、本名は××なので」って伝えないとなりません。
Facebookは実名が基本のSNSです。
本名っぽい名前にして、何も起きなければ問題ありませんが、もし乗っ取りなどが起きた際には、本人であるという証明を提出させられるので、ご注意くださいね。
ビジネスネームは本名より何かと不利になるということは明らかです。
出来ることなら本名、漢字で活動しましょう^^

 

で、名前で検索される人になれるように頑張ろう!

 

ベル7日間で集客ブログが完成する無料メール講座ベル
読者登録はこちらからからダウン画像クリックで登録フォームに飛びます。

 

 

 


テーマ:検索

 

アメブロから始まるWeb集客の仕組み作り。
女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。
パソコン苦手な女性に向けてWeb集客のアドバイスを書いています。

 

 

 

 

ブログを書いている理由は、検索からお客様に来てもらいたいからですよね?

だとしたら、検索で上位に表示されなくてはなりません。

 

 

間違えたリンクの貼り方

間違えたリンクの貼り方については、今まで何度かアメブロ記事に書いてきました。

 

お問い合わせはこちら→  (☆にリンクが貼ってある)

お問い合わせはこちら→http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/12044 (URL丸出し)

 

これはやめましょうよと書いても、なかなか減りません(笑)

 

 

減らないのは理由を知らないからよね。

そこで、やめた方がいい大きな理由を記事にします。

 

 

 

SEO的に被リンクは多い方がいい

悪質なサイトに被リンクされるのは良くないですが、良質なサイトに被リンクされると検索エンジンの評価が上がります。
「沢山の人に紹介されているんだから、このサイトは良いサイト」と認識してもらえるんです。

 

数年前に、「検索上位に表示させます」という業者からの誘いが多い時期がありました。
被リンクを増やす為に、中身の無いサイトを膨大に作り、リンクさせる手法でした。
現在はそのような手法が通用しなくなり、中身のある優良なサイトから被リンクされると評価が上がるようになっています。

 

 

 

外部リンク・内部リンク

リンクにも内部リンクと外部リンクというのがあります。
外部リンクとは、違うサイトからのリンクです。
内部リンクは、自分のサイト内(アメブロ内も内部リンク)です。

 

外部リンクの方が評価は高いのですが、内部リンクも評価されない訳ではない。
アメブロ内でのご紹介や、自分のメニュー記事へのリンクもあった方がいいのです。

 

 

 

SEO的にアンカーテキストにした方が有利

アンカーテキストってご存知ですか?

 

お問い合わせはこちらから

↑このように、テキスト(文字列)に他のURLを貼ってリンクさせることです。

 

HTML表示で見ると、リンクは下記のようになっていると思います。
<a href=”http://ameblo.jp/gleam-deco/theme-10091046267.html”>お客様の声</a>
<a _blank=”” href=”http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/12044″>お問い合わせ</a>
上は同じウインドウで開く設定、下は別ウインドウで開く設定。
どちらも<a・・・>と<a/>の間に挟まれた文字列です。

 

この文字列とリンク先の情報が合致している方がSEO的にいいのです。
それは利用するユーザーのため。
どこに飛ばされるか、一目でわかるようにしておくこと。

 

例えば、
『ブログ初心者が知りたいSEO対策』
という文字列にリンクが貼ってあって、飛んだ先にSEOについて書いてあれば問題ありません。

『ブログ初心者が知りたいSEO対策』と書いてあるのに、飛んだ先が入浴剤の紹介だったら?
ガッカリしますよね。てか、極端な例ですが、嘘だし(笑)

残念ながら、これでは評価は上がりません。

 

ということは?
お問い合わせはこちら→☆ ☆の先に☆はないですよね(笑)
だからやらないほうがいいんだわよ!

 

URLの丸出しもそうだし、人を紹介する際も、紹介先のサイトタイトルが望ましい。
(『この方』にリンクは良くないのよ)

 

 

アンカーテキストの正しい使い方

アンカーテキストで書いている文字列と、リンク先の内容が合致するように、
『レッスン日程はこちらです』からレッスン日程に飛べる
『お申し込みはこちらです』からお申し込みフォームに飛べる
普通に使えば良いのです。

 

興味をそそる言葉を書いて、思わずクリックをしてもらう手もあります。
けど、検索的に不利になるというリスクがあることは知っておきましょう。

 

 

まとめますね。
●☆にリンク、URL丸出しをしない
●書いてある文字列と、飛んだ先の内容が違うのも良くない
●バナーの画像にaltテキストを入れてないのも良くないです。
(私も面倒でやってませんが。今日からやります)

 

検索エンジンと仲良くしたいなら、コツコツと、手間をかけないといけませんね。

 

※今回のブログネタは、きょうしつの学校~教室開業スクール~のコラムから頂きました。
毎日更新されるコラムは、読み応えあるお役立ち情報です。(今日の自撮りの話も笑えます)
お気に入り登録しておいた方がいいよ!
登録しておくと、通知が届く”かも” (何故か私には通知がきません)

 

ベル7日間で集客ブログが完成する無料メール講座ベル
読者登録はこちらからからダウン画像クリックで登録フォームに飛びます。

7日間で集客ブログが作れる無料メール講座

 


テーマ:アメブロ

アメブロで華麗に集客できる仕組み作り。
女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。

 

 

最近、お話する中で、皆さんが何がわかっていないかがわかりました。
Web集客というものがわかってなかったのね。
今日は、それについて書いてみようかと思います。

 

Webを使った集客とは

何かを探すとき、検索で探すというのが普通になってきました。

 

肩が凝った⇒マッサージに行きたい⇒検索
ジェルネイルをしたい⇒近所のネイルサロンを探してみよう⇒検索

 

毎日のように、情報を探して検索しているのではないでしょうか?
その検索結果に、自分を表示させて、お客様に来てもらうのがWebを使った集客です。

 

これを言うと「え~?そうだったんですか!?」と驚かれます。
逆にこちらがビックリ!
「今まで何のためにブログを書いてきていたの?」
「検索を意識してって言われて、どう思ってた?」

 

「アメブロガーさんに来てもらうためだと思ってました」
「わからないので、わかったフリをしてました・・・」
ありゃりゃでございます(笑)

 

あなたが今、アメブロを書いているとしたら、お客様が検索窓に入れたキーワードで上位表示を狙っているということです。

 

それに気付いていますか?
リアルなお友達やアメブロガーに読んでもらって満足していませんか?

 

 

なぜアメブロがWeb集客に使われるようになったのか

Webで集客するのにアメブロが使われるようになったのは何故だかわかりますか?
検索したときに、上位に表示されるHPがあれば、それでも良かったはずです。

 

①HPを作るのは高額な費用がかかる
②HPを作っても、SEO対策が必要で、アクセス数がないと上位に表示されない

この2つを解決してくれるのがアメブロだったのです。

 

アメブロは無料で使えるブログサービスです。
記事としてアクセスやメニューなど必要な記事を書き、メニューバーを設置する。
HPの代わりに使う人が出てきました。

 

また、アメブロには読者登録、ペタ、いいねなどの機能が充実しています。
コメントで交流するという文化もあります。
だから、自然とアクセス数が上がり、上位に表示されることが可能だったのです。

 

だから集客したければアメブロ!と、Web集客でアメブロが使われるようになったんですね。

 

アメブロはアクティブユーザー数も多く、アメブロというコミュニティの中で商売が成り立つ場合もあります。
読者の方がお客様になってくれる可能性もあるということ。

 

まさに、私はアメブロ内のコミュニティでビジネスが成立する人です。
(と言いながら、アメブロガーじゃないクライアントもいます)

 

けど、私のクライアントは違います。
コミュニティ内のビジネスというのは、いずれ限界がきます。
地域が限定されるビジネスには向いていません。

 

アメブロを使ったWeb集客の意味がわかっていない人は、そこで間違えてしまうのね。
読者を増やしても買ってもらえない…。

そうじゃなくて、検索で表示されるようになって、お客様に集まってもらいましょうよ。

 

 

検索上位に表示されて選ばれるには

自分がお客様の立場になって、検索窓に入れる言葉を想像してみてください。
そもそも需要がなくて検索されないというなら、お客様は来ないよね?
オリジナルな言葉を自分で作っても、それは検索されないよね?

 

見ず知らずの人が、あなたを探すの。

肩が凝っているなら、地名+マッサージ

ネイルサロンなら、地名+ネイルサロン

王道でいいんです。

 

検索上位に表示されるには、アクセス数や滞在時間が必要です。

強敵がいたら、上位に表示されるのはなかなか難しい。
検索需要は少ないけれど、上位表示されるキーワード選択も必要となります。

 

な~んだ、そういうこと?ってわかってきたかな?

 

頑張って、上位表示されたとしても必ずお客様が来るとは限りませんよ。
お客様は、他の人と比べて選ぶからです。

あなたが何かを探しているとき、必ずしも1位の情報を採用します?
いくつか開いて、その中でどれにするか選ぶのではないでしょうか。

 

だからね!
比較されて選ばれるプロとしての記事が必要。
すんなりとお申し込みのできる導線が必要なんです。

 

アメブロガーだけ見て、「あの人もそうだから」は通用しません。
お客様は、アメブロガーだけで比べてませんよ。
井の中の蛙じゃダメ。大海を見てください。

アメブロの常識は、世間では非常識ということを理解してくださいね。

 

と、色々書いてきましたが、わかってくれたかな?
増田恵美がクライアントに望むのは、アメブロ内で終わらない、検索から来てもらうビジネスです。

 

だから検索に力を入れています。
厳しいことを言うのも、アメブロ外のライバルと比べられて、選ばれる女性になって欲しいから。
オンナ版松岡修造とまで言われています(笑)

 

それも、皆に学芸会で終わらないビジネスを作り上げ、成功して欲しいからなんだわよ!

 

 

アメブロの終焉

先日、今年はアメブロの終焉の年になるんじゃないかとメルマガ記事に書きました。
その理由について、このブログに書いてありますので、ついでに読んで行ってくださいね!

 

アメブロはhttps化しないのか

アメブロはスマホサイトとパソコンサイトが別になっている

 

 

 

今後、生き残るために、どうしていったらいいのかは、また別な機会に書きますね^^

 

ベル7日間で集客ブログが完成する無料メール講座ベル
読者登録はこちらからからダウン画像クリックで登録フォームに飛びます。

読者登録してね


テーマ:Amebaオウンド

アメブロで華麗に集客できる仕組み作り。
女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。

 

 

 

 

前の記事で、アメブロはhttpsになっていない。つまり通信が暗号化されていないと書きました。
Googleはhttpsになっているサイトを優遇すると発表しています。
つまり、現時点でアメブロは優遇されないの。(2017年1月14日現在)

今日はもう一つ、アメブロが検索で不利になる理由を書きますね。

 

 

モバイルフレンドリーが求められている

現在、スマートフォンの出荷台数がパソコンの出荷台数を上回り、検索の多くもスマートフォンからになっています。

Googleは、スマートフォンで見やすいサイト、モバイルフレンドリーなサイトを検索上位に上げると発表しています。

実際、もう既に、モバイルフレンドリーではないサイトは、スマホ検索でかなり順位を下げられているんですよ。

 

 

モバイルサイトとパソコンサイトが別なのがアメブロ

ここで画像をご覧ください。

「ユニバーサルシティ 足ツボ」で検索した結果です。

赤と青の四角の中を見比べてみてくださいね。

 

 

 

違いがわかりますか?
青の四角の中は、ameblo.jp
赤の四角の中は、s.ameblo.jp

s.とついているのがモバイルサイトなんです。

 

 

この話をすると、必ず質問されるのが
「スマホから更新するとs.がつくんでしょうか?」

 

 

(笑)
違うのよ。
モバイルサイトが表示されたか、パソコンサイトが表示されたかなので、自分ではどうしようもないのです。

 

因みに、Amebaオウンドは、パソコンでもスマホでも同じです。
モバイルフレンドリーなサイトなの。

 

 

上位表示されるためには書くサイトを選ぶ

ここまで書いてきて、勘の良い方はわかってきたと思います。
が、わからない方のために、簡単な例を挙げますね。

 

例えば、Googleから全く同じ評価の記事を、アメブロとAmebaオウンドに書いたとします。
アメブロのアクセスが50pv、オウンドのアクセスが30pvでした。
普通だったら、アクセスが多いアメブロが上位になるはず。
けど、アメブロの50のうち、パソコンサイトが30、モバイルサイトが20だったら?
アメブロとオウンド、どちらが上位表示されるでしょう?

 

そう、オウンドなんですね。

 

仮に、同じ30pvだったとしたらどちらが上位になるかわかりますか?
httpsを導入しているオウンドが上位表示されます。

 

 

Googleのアルゴリズムは単純ではないので、実際の所はわかりません。
予想でしかないのですが、現在発表されている内容から考えるとこのような結果になります。

 

だから、アメブロじゃなくてAmebaオウンドを使ってね!って何度も何度も書いているのです。

 

書き始めて直ぐに上位表示されるものではありません。
ある程度の記事数も必要です。

 

さらに、有益なコンテンツじゃないと上位に表示されにくい。
アルゴリズムという算法があり、文字数、滞在時間などを元に、順位を決定しているのです。

 

これからは、どこに書くと上位表示されるか、ということも考えなくてはなりません。
検索エンジンに評価される有益な記事を、優遇されるサイトで書いていきましょうね^^

 

 

■現在募集中のセミナーやイベント情報■

1月19日(木)検索&アメブロセミナー(満席⇒増席⇒満席)1月27日華麗に交流できるランチ会@名古屋

1月30日華麗に交流できるランチ会@東京愛宕

詳細、お申込み状況は、こちらでご確認ください^^

※()は募集開始前です

 

ベル7日間で集客ブログが完成する無料メール講座ベル
読者登録はこちらからからダウン画像クリックで登録フォームに飛びます。

読者登録してね