アメブロ活用でセミナーなどを満席にする方法

公開日 2018年10月31日 最終更新日 2021年7月24日

せっかくアメブロを使っているのに募集しても集まらない。うん…アメブロをもっと上手に使えばいいのに。

アメブロを使ってセミナーなどのイベントを満席にする方法について書いてみます。

アメブロを書いていたらお申し込みがくるのではありません。募集開始までの宣伝活動を端折ると、お申し込みはこないでしょうし、募集開始してから開催日まで苦しい思いをします。

募集開始までの準備に時間と労力を費やすことで、募集を開始して直ぐにお申し込みがあり、開催日までは残席を埋めていくことに時間と労力を使えば良い状態に持って行くことができます。

予定を空けておいてもらうための予告開始

セミナーなどのイベントを開催する際、遅くとも2ヶ月前には予告を開始します。この予告の段階で明かすのは、大まかな内容だけでよく、目的は予定を空けておいてもらうこと。

お客様だって暇じゃありません。「行きたい!」と思っても先約が入っていたら参加してもらえませんもの。まずはその日を空けておいてもらうための予告です。細かい内容や開催場所は、予告してからでも間に合いますから、まず開催することを知らせることです。

予告は、アメブロ、SNS、メルマガやLINE公式アカウントなど、使っているメディアを総動員して「知らなかった」がないように伝えます。ブログにちょろっと予告を書いて終了の人がいますが、その記事を全員が読むとは限りません。使えるメディアを総動員です。

募集開始までにやること

予告をしてから、募集開始までにどれだけワクワクしてもらうかで初日のお申し込み数が変わってきます。予告したら、毎記事の下にタイトルや日時を入れておくことは必須。でもそれだけじゃ足りません。

当然、記事の更新頻度、メルマガやLINEの配信頻度は上げます。ブログを更新することで、記事下に入れてある予告を見てもらえますからね。

記事の内容も、募集する内容に沿った内容を入れていきます。

内容が気になって仕方なくなるような記事を書いてください。あなたのお悩みはこのセミナーやイベントに参加すると解決しますよという内容の記事を時折入れる。

募集開始に向けてワクワクしてもらいましょう。

募集開始日決定

いつから募集を開始するか決めます。お客様が申し込みをしやすい曜日、日にちを選びましょう。

私は主婦が何かと忙しいです。私は月曜日、金曜日、週末を避けています。そして給料日も考慮に入れます。お申し込み後一週間以内のお振込みをお願いするとしたら、18日募集開始なら一週間後が給料日になるので大丈夫です。

カード決済もできるようにしておくことで、いつでも募集を開始できますね。

募集開始日予告

募集開始10日前ころから、いつ募集を開始するのかもお知らせしましょう。〇日の〇時から募集を開始しますと予告をする。参加したい人の頭の中にインプットされ、心の準備をしてもらう期間です。

募集開始日時をお知らせすることで、その日のその時間、どうしても申し込めない人からご連絡をいただけることがあります。その人の席は取っておいてあげることができますね。

これも、アメブロ、SNS、メルマガやLINEを総動員して知らせましょう。

募集開始

いよいよアメブロに募集記事をアップします。アップしたらそのままパソコンを閉じる…なんて方はいらっしゃらないと思いますが。

まず、記事をアップしたら、お申し込みフォームへのリンクが機能しているかチェックを忘れないでくださいね。(これやらない人多いの!)

次にSNSやメルマガやLINEでも募集開始をお知らせします。

メルマガ読者、LINEの登録者優先の場合は、順番が逆。メルマガやLINEで配信した後にブログ記事を更新となります。

そして大切なこと!いつもより多くいいねをして回るなど宣伝活動をしましょう。

このいいねはいつもいいねをしてくれる人ではなく、あなたを知らない人に向けていいねすることで知ってもらえますよね。これがアメブロを使っている強みです。面倒臭がらずにやってください。

募集開始後満席まで

募集を開始したら、記事の下に募集しているイベントを毎記事入れます。

満席になるまで募集は続けます。当然ブログの更新頻度も上げるし、メルマガやLINEの配信頻度も上がるはずです。もちろん毎日の宣伝活動(アメブロのいいねやコメント)も続けてくださいね。

満席になるまでの記事は、募集記事を再アップではなく、別な切り口から魅力を伝えていきます。お客様が知りたいのは、参加したらどうなれるのかです。

セミナー募集こそアメブロフル活用

アメブロは普通に記事を更新して、ホームページにだけ募集内容を書いている人を見かけます。SNS的な機能満載のアメブロは、セミナーなどのイベントの募集をするのに向いています。アメブロの交流機能を活用しながら、満席を目指しましょう。

まとめ

思い付きで募集をして集客できるのは、既に人気がある人だけです。足を棒にしてチラシをポストインしたり、高額な広告を打たなくても、パソコンの前で宣伝活動ができるのがアメブロ。集客したいなら、やれることは全てやりましょう。

以前、こんなこともありました。ダメと言っても、募集開始前に「どこどこに行きました」「これを買いました」みたいなプライベート記事ばかりを更新して、いざ募集を開始して「お申し込みがありません」」と泣きついてきた人がいますが、当たり前ですよね。

何か募集すると決めたら早めに予告、予告をしたらいつも以上に宣伝活動をしながら休まず毎日更新。その記事もお申し込みに繋がる記事を書くこと。

募集を開始した後も、どうやったらお申し込みに繋がるのか頭を使って更新と宣伝活動を続けてください。アメブロを使わせてもらっているのですから、SNS機能はフル活用です^^

ABOUTこの記事をかいた人

WEBマーケティングセミナー、SNSセミナー講師。 WEBマーケティングコンサルタントとして活動中。WEBを活用した集客、検索に強いサイト作り、売り込まなくても喜んで買ってもらえる仕組み作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。