まだアメブロで集客できる?

公開日 2021年7月13日 最終更新日 2021年7月13日

まだアメブロで集客できるのか問題について。

結論から言うと、下記2つの条件のどちらかをクリアしていれば売れる可能性はあります。

2つについてご説明をしますね。

まだアメブロで集客できる条件1

ターゲットが30代40代、50代の女性であるアメブロ内集客、SNSとしての使い方

アメブロはフォローやコメントなどSNS機能が豊富なので、SNSとしてアメブロを使う使い方です。

Amebaが正式に発表している、会員の性別、世代のデータがあります。15周年(2019年)で発表された数字ですが、世代や性別は大きく変わっていないと思います。

40代女性 25.3%
30代女性 22.6%
50代女性 13.1%
20代女性 8.7%
40代男性 8.3%

30代、40代、50代の女性で6割を占めています。なので、30代~50代女性がターゲットの商品、サービスであれば売れる可能性はあります。

 こちらは、アメブロ内からお客様に来ていただく方法です。アメブロの会員数は65万人と発表されています。凄く多いようですが、日本の人口は1億3千万人。

たった5%にすぎません。

アメブロの会員全員に知ってもらったとしても、たった5%ですし、会員数は会員登録している人の数で、アクティブユーザーとは限らないのです。

とはいえ、アメブロ内にお客様がいれば、小さなビジネスは成り立つでしょう。

まだアメブロで集客できる条件2

アメブロが検索上位になっているSEOからの流入

もう1つの条件は、Google検索で上位表示されているです。こちらはアメブロユーザー以外の人がお客様として来ていただく方法となります。

あなたのアメブロは、お客様が検索窓に入れるであろうキーワードで上位表示されていますか?

Google検索は、日本の検索エンジンの中で9割のシェアを取っています。他にも検索エンジンは数多くありますが、9割のシェアなので、Googleを制すれば良い訳です。

「え?私はYahoo!検索を使っているわ」という方もいらっしゃるとは思います。

私が検索系のセミナーを開催する際、
「Google検索を使っている人」「Yahoo!検索を使っている人」と手を挙げてもらうことがあります。

検索系のセミナーを始めた2016年ころは、女性参加者の8割がYahoo!検索でしたが、今は8割以上がGoogle検索になってきています。

「えー!わからなくなってきた。どちらがいいの?」と思いますよね。ご安心ください。Yahoo!検索の結果は、Google検索の結果を利用していますので^^

アメブロはSNSである

「良かった。私のお客様は30代、40代の女性だから、アメブロ内で大丈夫ね」と思った方。ここから先をちゃんと読んでください。

ブログはただ書いていても、気付いてもらえません。知ってもらうための営業活動をしていますか?

アメブロをアクティブに書いている人の記事にいいねをしたり、フォローをしたり、コメントをしたりしていますでしょうか?

アメブロはSNSです。ターゲット世代がいたとしても、あなたのことを知らなければ読んでもらえません。

ホント、多いのですよ。ただ、書いているだけで知ってもらう活動をしていない人が・・・

アメブロは検索上位になりにくくなった

この記事を読んでくださっている方の中には、以前は検索からお客様が来てくださっていたのに、今は来なくなったという方もいらっしゃるかと思います。

4年位前から、そういうご相談が増えてきました。3年位前でも、Google検索で上位で頑張っていた人もいます。

けど、今は2ページ目を見ても3ページ目を見てもいないという状態になっている。

当然、検索からのお客様が来なくなります。そして焦る。これはもうどうしようもないことなんですよね。

非常にコアな検索キーワードであれば上位に行けます。ただ、あなたのお仕事に繋がるキーワードは違いますよね。

アメブロ以外のサイト(独自ドメイン)を書いている人ばかりが上位になっていませんか?

独自ドメインのサイトが強い理由

今のアメブロは、独自ドメインのサイトにあっけなく抜かれてしまうようになりました。

検索に弱くなったのには、Googleのアルゴリズム変更以外にも大きな理由があると思っています。

それは、アメブロを書いている人と、独自ドメインのサイトを運営している人のライティング力の違い。

独自ドメインのサイトを運営している人は、ちゃんとSEOの知識を持って運営しています。1記事あたり、2000文字から5000文字程度の記事を書いています。

アメブロで好まれるのは、500文字から800文字程度。アメブロは文字数が少ないので、滞在時間も短くなりますし、直帰率も高い。

滞在時間が短く、直帰率が高ければ、上位になんて行けるはずがないのです

検索で上位表示されて、検索エンジンからの流入を狙うのは、これまでアメブロしか書いていない人の知識では太刀打ちできないです。

ま、そんなこともあって、危機感を覚え、2016年から検索系のセミナーを開催してきている訳です。

先日もクライアントから別件で連絡があった際「「〇〇 〇〇(検索キーワード2つ)」で検索すると、私のHPがトップに出ているのを発見しました!「〇〇 〇〇 〇〇 〇〇(検索キーワード4つ)」で狙ったものです。と報告をしてくれました。

4つのキーワードで狙ったのに、2つのキーワードでトップになっているなんて素晴らしい!

最初は「検索されるってなに?」だった人たちが、狙ったキーワードで上位表示されるコツを掴めるようになっています。・・・と、話が逸れておりますが。

まとめ

ウェブサイトへの流入は、SEOとSNSの両輪です。

まだアメブロで集客できるかの答えは、
1.30代~50代の女性がターゲットで、その人たちに知ってもらうための営業活動を日々しているか。⇒アメブロ内集客、SNSとしての使い方
2.アメブロが検索上位になっているか。⇒SEOでの流入

どちらかの条件をクリアしている場合です。両方クリアしていれば最強ですが、どちらもクリアしていないのであれば、現在キツイ状態だと思います。

SNSとして使っていて、日々知ってもらうための活動をしていないのであれば、1日2時間でいいので、フォローやいいね、コメントをしてみてください。

また、アメブロが検索上位になっていないのであれば、上位になれるクオリティの高い記事を書く。(どうしても直帰率は下げられないと思いますが)

クオリティの高い記事を書いても書いても、アメブロでは上位にいけないのであれば(強敵ばかり)、SEOの知識をつけて、独自ドメインのサイトでブログを書いていってくださいね。

【関連記事】

ABOUTこの記事をかいた人

WEBマーケティングセミナー、SNSセミナー講師。 WEBマーケティングコンサルタントとして活動中。WEBを活用した集客、検索に強いサイト作り、売り込まなくても喜んで買ってもらえる仕組み作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。