アメブロは資産にならないってホント?

アメブロを書いても資産にならない理由

アメブロを書いても資産になりません。毎日更新しなくても半自動販売機化するように、独自ドメインのサイトを育てるようにとお伝えをしています。その理由は借り物であるというだけではないんですよ。

今日はその意味をGoogleアナリティクスのデータで”見える化”しますね。アメブロはブログだと信じている人、アメブロでいいやと思っている人には驚きの結果だと思います。

1年以上アメブロとワードプレスにGoogleアナリティクスを設置している人は、ご自身でぜひ比較をしてみてください。

アメブロ・ワードプレス1か月のセッション数

まず、Googleアナリティクスで30日間のアメブロとワードプレスのセッション数をご覧いただきます。

アメブロ30日間のセッション数
ワードプレス30日のセッション数

どちらも上がったり下がったりしながらほぼ横ばいのように見えます。が、これを3年で見てみると状況は全く違うのです。

アメブロ・ワードプレス3年分のセッション数

まず、Googleアナリティクスで、このワードプレス3年分のセッション数の推移をご覧ください。

3年分のワードプレスセッション数推移

たまにドンとアクセスがくることもありますが、順調に右肩上がりなのがお分かりいただけると思います。

ここで注目していただきたのが、昨年7月~9月。私はYouTubeに毎日動画をアップするのに必死で、ワードプレスを更新できていませんでした。それでも下がることはなく、右肩上がりだったということ。

私がワードプレスを更新するのは月に1回~多くても5回程度です。書く頻度と関係なくアクセス数が上がり続けています。

次にアメブロのお仕事ブログをご覧いただきます。

アメブロは資産にならない。アメブロ3年分のセッション数推移

隠しておりますが、実はアメブロの方がワードプレスに比べ、横軸の間隔が小さいです。それも上がったり下がったりしながらも、右肩上がりにはなっていないので。

アメブロは毎日更新しています。記事数は増えていますが、アクセス数は比例して増えていません。

もっと顕著な例として、私がアメブロで書いているプライベートブログの3年分の推移をご覧いただきましょう。

アメブロは更新しないとアクセス数が下がる

2017年7月から書き始めたプライベートブログ。私をご存知の方にお知らせしたので、最初からアクセスがきています。

毎日更新するのをやめてからはアクセス数が下がっていますね。更新しなくてもアクセス数が右肩上がりのワードプレスとは大違いです!

アメブロを書いても資産にはならない理由

アメブロは無料で使えるブログサイトを借りている状態。アメブロのライターであって、何千記事書いても永遠に自分のものにはなりません。それが資産にならない最大の理由です。

ただ、このグラフを見てもらうと、アメブロは書いていいねやフォローをすればアクセスが上がるけど、書かなければアクセスが下がるのがアメブロだということもおわかりいただけると思います。

アメブロは蓄積されるSNSです。Googleアナリティクスを見ても、アメブロはソーシャルメディアに入っています。本当の意味での「ブログ」ではないんですよね。

資産にならないアメブロ

私自身、アメブロをSNSとして活用しています。検索されることを意識して蓄積すれば、もう少し状況は変わるのかもしれません。が、資産にならないアメブロに検索される記事を置いておくのも意味がないと思っているのでしていません。

ではなぜアメブロを書いているかといえば、アメブロが好きだから。SNSとしては超優秀だからです。とはいえ、アメブロを書き続けていても資産にはならないし、永遠に半自動販売機化しないということはお伝えしたい!

資産にならないアメブロを書き続けるより、独自ドメインのサイトを育ててください。毎日更新しなくてもお客様に来ていただけるようになりますので^^

これをご覧の方で、1年以上、アメブロとワードプレスにGoogleアナリティクスを設置していたらデータは取れています。確認していただければと思います

もし、ワードプレスが右肩上がりになっていないとしたら、何か使い方を間違えているかもしれません。ちゃんとSEOの知識を身につけ、検索される記事を蓄積していってくださいね。

【関連記事】
アメブロのインデックス数が減っていませんか?
検索からの流入がなくなる!アメブロに依存するWeb集客は怖い
EATが必要な仕事はアメブロに向いてない
アメブロはもう終わったの?という質問にお答えします

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

WEBマーケティングセミナー、SNSセミナー講師。 WEBマーケティングコンサルタントとして活動中。WEBを活用した集客、検索に強いサイト作り、売り込まなくても喜んで買ってもらえる仕組み作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。