起業しても今以上前に進めない人へ

起業をしても売れない。売れてもパッとしない。今は売れているけど先々に必要なことをやれていない。何で動けないんだろう。現状維持は衰退です。先に進めない本当の理由はなんだろう。どうしたら先に進めるのでしょうか。

 

先に進まない本当の理由は?

 

「忙しくて進んでません」「忙しくてやる時間がありません」

ホームページを更新したり、他のサイトを整えたり、先々のプランを考えるなど。忙しいを理由に後回しにしがち。たまに「その理由は関係ありますか?」な理由を言ってくる人も(笑)

実は「忙しい」を理由にしているだけで、本当の理由は違うのよね。「いつかやります」「時間ができたらやります」これもやらない理由は別にあるのではないでしょうか。

だって私もそうですから^^

 

 

時間がないが理由で先に進まない人へ

私は今日は作業をする日と決めておいたので、一気に全部片づけられました。

 

「いつかやろう」の『いつか』が永遠にこないように、「時間があるときにやろう」の、『時間があるとき』もこないです。

人は今やらなければならないことを優先してしまうもの。それは仕事とは限らなくて、家事だったり遊びだったり、休息だったり。先々のことはどうしても優先順位が低くなってしまうのですね。

寝る時間もないほど忙しいのか、誰かと雑談をする時間もないほど忙しいのか。本当は時間がないのではなく、やりたくないのではないかしら?

私はやりたくない仕事をしようとすると、換気扇掃除を始めるというクセがあります。だから気持ちはわかるのよ。本当はやりたくないんだけど「忙しい」を理由にしているのよね。

「忙しい」を理由にやらない人は、逃げないように作業日を決めてください。

 

実は怖くて動けない人へ

時間がないという理由の他に、変わりたくないという恐怖もあるかと思います。脳は変化を嫌いますからね。何かを始める、何かを変えようとすると怖くなります。怖くて動けないんだと本人は自覚がないかもしれませんが。

私怖がっているんだと気付いてください。

怖いから後回しにしたくなるの。これは私もそうだからよーーーくわかる。怖いからとやらないわけにはいきません。どんなに怖くても進みたければ「えいや!」っと乗り越えるしかないのよね。

どうしたらいいかというと、発表をしてしまう、申し込んでしまう、支払ってしまうという行動を起こすこと。後戻りできないように自分を追い込むようにしてしまいます。

よく考えてみてくださいね。失敗しても命を取られることはないのよ。動かなければ何も変わりません。怖いけど勇気を出して乗り越えてくださいね。

 

 

三か月後、半年後に向かって動く

言い訳、やらない理由を並べてみる。気持ちはわかるけど、将来を見据えましょう。

 

三か月後、半年後にどうなっていたいかを決める。

そのために必要なアクションを考える

そのアクションの期限を考える

決めたアクションを地道に遂行していく

 

これができた人と

 

三か月後、半年後にどうなっていたいかを考えた

そのために必要なアクションも考えた

忙しい、明日やろう、時間ができたらやろう

気付いたら半年経っていた

 

大きな違いですよね。

今は順風満帆だとしても、徐々に仕事が減ってきて、気付いたら閑古鳥が鳴いていたなんてならないように、常に先々を考えて、やるべきことはやりましょうよ。

 

自分の本心を知って一歩先に進もう

本当に忙しすぎて時間がないのでしょうか。実は先に進むのが怖いとか、面倒臭い、やりたくないから後回しにしているだけかもしれません。自分自身に本心を聞いてみてください。

本心がやりたくなら、定期的に『この日は作業をする日』と決めてやってしまいましょう。逃げ出さないように、どんなに誘われても出掛けない、大掃除がしたくなってもしない、昼寝もなしね(笑)

本心が怖くて進めない人は、脳は変化を嫌う、失敗しても命を取られることはない。←これを思い出して、怖がっている自分を認めてあげてください。そして発表してしまう、予約してしまうなど、後戻りできないような状況にする。勇気をもってえいや!っと乗り越えてくださいね。

私を含め、みんなやりたくないし怖いんだぞ!けど動かなければ進まない。やった人、やらなかった人、三か月後、半年後、大きな差となりますよ^^

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。