女性起業家が勘違いしているブランディング

ブランディングは目的ではなく手段

今日は起業する女性が勘違いをしているかもしれないブランディングについてです。

ブランディングとはブランドの価値を高めていくことで、こういう風に見せようという”見せ方”のことではありません。

ブランディングとはブランドの価値を上げていくこと

『ブランドの価値を高めていくこと』というのは、例えば私であれば『増田恵美』というブランドの価値を高めること。以前、麦わら帽子をかぶるブランディングという話を聞いたことがあるんですが、いやそこじゃないよねっていう話です。

ブランディング

麦わら帽子をかぶるということは、人の印象に残りますのでブランディングの一つとして取り入れるのはありだと思います。ただ、麦わら帽子をかぶることが、ブランドの価値を高めることになるかどうかは不明ですけれども。

エルメスの革なら間違いない
シャネルの記事なら間違いない
ルイヴィトンの旅行鞄であれば間違いない

そのブランドに価値がありますので、高くても購入しますし、ラグジュアリーブランドになったらバーゲンセールはしませんよね。

ブランディングは手段であって目的ではない

皆さん勘違いをしているのが、ブランディングはブランドの価値を高める”手段”であって、ブランディングをすることが”目的”ではないんですね。

最近では「増田恵美のセミナーなら間違いない」と言って頂けるようになってきましたが、それもここまでずっと、いただく金額以上の価値をご提供し続けてきたからであって。

それも、一回でもコケたら、信頼がガラガラと崩れてしまうことになるので、コケないように日々精進しているわけですよ。

ブランディングは、ブランドとして信頼されることだと思ってます。決して何かをかぶったり、 何かを着るというようなブランディングはしていません。

もちろんとトンマナを合わせるとか、見える部分見せない部分を作ることは大事だと思っています。

例えば自分の価値を下げるような言動とか行動はありませんよね。ファーストフードに行くこともありますし、100均に足を運ぶこともありますが、それをわざわざ発信する必要もありませんし、ホテルのラウンジに行ったことを”発信することが目的”になってしまうのは違うわけですよ。

何年か前のキラキラ起業ブームの頃に、ホテルのラウンジで自撮りをアップしている方がいましたよね。あれもブランディングの意味を間違えていたのかもしれません。

ブランディングとはブランドの価値を高めていくこと。手段であって目的ではありません。

ブランド価値を上げるブランディングをしていこう

ブランディングについておわかりいただけましたでしょうか。

あなたのサービスなら間違いないと信頼されるようになれば、口コミやご紹介が起きてきます。あなたのブランドの価値を上げるブランディングしてきてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。