起業に向いている人の性格ってどんなだろう?脳の使い方で見てみよう

起業をしたい。けど、私は向いているのかしら?
起業をしたけどうまくいかないのはどうしてなのかしら?
 
起業に向いている性格はあると思います。

起業に向いている性格

・自分で考え決定する力がある
・失敗を恐れず行動できる
・人の目よりお客様のことを考えられる
・人として魅力がある
・売る力がある
 
一つずつ説明しますが、向いてないからと諦めないでくださいね。性格は変えられますので。

自分で考え決定する力がある

起業をするというのは経営をすること。次の仕事の指示をしてくれる人はいません。常に自分で考え、決定をして行かなければならないので、指示待ちでしか仕事ができない人は向いていないかもしれません。

失敗を恐れず行動できる

自分で考えても、失敗するのが怖くて動けない人は起業に向いていないかもしれません。大企業でも失敗ばかりです。失敗をしてみる勇気。失敗から学び、次に生かすことができる人が向いていると思います。

人の目よりお客様のことを考えられる

「私がこんなことをやっていると近所の人に知られたら、ママ友に知られたらどう思われるだろう」お客様より人の目を気にする人は向いてませんね。見るのはお客様です。

人として魅力がある

多くの同業者の中から選ばれるには、人として魅力が不可欠です。みんなそれぞれ魅力はあるので、それを上手に表現できる人でしょうか。

売る力がある

営業力がなければ、どんなに良い商品、どんなに良いサービスでも売れません。売れなければ事業は続けられないので一番大事なところです。商品が良いから売れるのではなく、売る力があればどんな商品でも売れますからね。

一番大事な売る力を脳診断する

売る力を判断するのは右脳三次元

起業するのに向いている性格の中で、一番大事なのは売る力です。どんなに知識や技術があっても、それを商品化して広げていく力がないと売れませんので。売る力があるかないかは、脳活用度診断でわかります。この診断は他の統計学とは違い、回答から導かれた結果を、脳の担当部位に合致させた物理的事実です。
 

これは私の診断結果です。

 

赤い丸が付いた右脳三次元は「行動する人」と書いてあります。何かを展開するときに使う脳の部分です。俯瞰して全体を見て、新しいことを広げていく脳なのです。職業でいうと営業職。
 
この診断では、23%以上の数字になった部分の脳を使えていると見ます。23%未満の数字なら、今現在使わないで生活をしている。脳の使い方のクセなんですね。
 
脳には、脳幹、大脳辺縁系、大脳新皮質とあり、大脳新皮質は人間脳と言われ、他の動物より発達した部分です。それを一次元、二次元、三次元とし、右脳・左脳でそれぞれ何を司る部分かの診断になります。
 
現在の脳の使用傾向を4つの部分で診断し、良い部分を伸ばし、苦手を克服するための指針として使います。

起業するのに向いている人になるのに必要な数字は

現在、脳の売る力の部分を使えていないとしたら、集客に必要な情報も受信できないのですよ。ブログの書き方の本を読んでも、集客セミナーやSNSセミナーに出ても自分に落とし込めないのです。特にWebでの発信には顕著に表れます。

 

受信できない脳を受信できるようにするには、その部分の脳を活性化させることが近道です。
二次元の脳を中心に使っているなら、より多くの情報量が処理できる三次元の脳を使えるようにすること。俯瞰して全体を見る次元の高い、ハイレベルな脳の使い方に変えていくことです。

 

売るとき(集客)に使う脳、右脳の三次元を刺激し、常に使うことを意識する。半年も頑張れば数字は変わってきます。

 

起業して自ら販売するなら、目標の数字は28%以上、将来的には30%は欲しいです。30%になるように日々右脳三次元を使い、半年後にもう一度診断を受けて、達成しているか確認してみてください。

 

起業に向いていなくても、向いている性格になれる

性格は変えられないと言われますが、性格は脳の使い方のクセなので、脳の使い方のクセを変えれば、性格は変わります。
 
現在起業に向いていない性格でも、向いている性格になることができる。最初から向いている人より時間はかかりますが、自分のビジネスを成功させたいなら諦めないで欲しいな。
 
右脳三次元以外の部分の数字で、その職業に向いているかもわかります。向いていない仕事をするのもつらいものです。
 
今まで使っていなかった部分を使うと、つらいです。しんどいです。ずっと使ってなかった歯車が回り始めるときのようなギシギシという感触になるかもしれません。最初はストレスを感じるかもしれませんが、慣れてくるので大丈夫です。
 
起業したけど上手くいかないという方は、現在起業に向いていない性格なのかもしれません。脳の使い方を変えて、起業に向いている性格になりましょう!
 
 
脳活用度診断(S-BRAIN)&ブレインカウンセリング60分は、常時受け付けております。
返信メールで手順などご案内します。
 
また、カウンセラーやセラピストの方で、クライアントの現状把握、進捗状況を見える化したい方は、ブレインカウンセラーになることをお勧めしています。まずは脳活用度診断(S-BRAIN)&ブレインカウンセリングを受けてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。