アメブロとWordPressブログの使い分けがわかりません

最近お話したから複数名から、アメブロとホームページの使い分けがわかりませんと言われました。見てみると、せっかくあるWordPressを、もったいない使い方をしていました。ホームページの運用方法、無料ブログとの使い分けがわからないという声は多いです。

企業のホームページを見ると、会社概要、アクセス、社長からの挨拶や製品一覧などの固定ページがあります。そしてトップページにある『お知らせ』や『News』といった箇所に、年末年始休業のお知らせとか、新商品●●発売などが入っていますね。

 
いざ、自分でブログ更新型のホームページを作ると、
「はて?ブログは何を書いたらいいの?アメブロも書いてるし…」となってしまうようです。

職種別アメブロとホームページの使い分け

店舗系ホームページ

お教室やサロンなどのホームページは、地域と職種で検索されるので、店舗型のホームページは、
狙ったキーボードで上位に表示されるように作ること。必要な固定ページはしっかりと作りましょう。順位が落ちないように更新を続けてくださいね。

情報系ホームページ

地域と職種で検索されない情報系のお仕事は、記事からサイトに来てもらえるように作ります。お悩みを抱えた人がどんな検索キーワードを検索窓に入れるかを予想して、お役立ち記事を蓄積していきます。
 
お悩みを抱えて検索した人がホームページに辿り着き、他の記事も読んでくれる、メルマガに登録してくれるような仕組み作りをしてください。

アメブロとWordPressブログの違い

アメブロは借り物である

アメブロなどの無料ブログサイトは借り物です。いつ、そのサービスがなくなるかわからないし、運営にアカウントごと消される可能性もあります。これはアメーバオウンドでも同じです。
 
WordPressはサーバーを借りて運営する自分の持ち物になります。運営に消されることもありませんし、びくびくしながら商用利用する必要もありません。万が一借りているレンタルサーバーがサービスの提供を終了したとしても、サーバーの引越しで済みます。

独自ドメインが有利

Googleの検索結果は、同じドメインは1ページに3件までしか表示しないというルールがあります。1ページ目にameblo.jpが既に3件入っていたら、2ページ目以降にしか表示されないのです。
 
独自ドメインならその心配はありません。

アクセスの集まり方が違う

アメブロのアクセスは更新した直後が一番多いです。WordPressのアクセスは、検索から徐々にくるようになり、検索される記事を蓄積することで、更新頻度は低くても、常にアクセスがあるサイトになります。
 
アメブロで読者登録してくれている全ての人が、あなたの商品やサービスに興味がある人ではありませんよね?けど、検索で来てくれている人は、お悩みを抱えて探している人なので濃いです。ここが大きな違い。

情報系ホームページのブログに書く記事

では、情報系のお仕事をしている方は、ブログ更新型のホームページには何を書いていったらいいのか。

検索されるお役立ち記事を蓄積

必要な固定ページは作りましょう。そしてホームページのブログにこそ、検索を意識したお役立ち記事を蓄積していってください。今日お話したクライアントは、WordPressのブログはまだ10記事しか書いていませんが、サーチコンソールを見せてもらったら、主に3つの記事に検索から来てくれていました。それもかなり上位に入っています。
それもまだ書いて一週間経っていない記事が上位にいた。これは私も驚きなのですが、サイト自体がGoogleに評価されているのでしょうね。(これは専門性が大事です)

告知記事はアメブロに

先日お話した方でお二人、WordPressに告知記事を書いていました。アメブロやアメーバオウンドにお役立ち記事…あら、もったいない。
 
WordPressに告知記事を書いてもインデックスされて上がってくるには時間がかかります。そういうセミナーやイベントを探している人が検索したとしても、見つけた時にはセミナーやイベントは終わっているかも…。
 
告知記事こそ、アメブロのような、更新したら即アクセスが集まるサイトに書いた方がいいんですよ。アメブロには読者登録というSNS的な機能があります。マイページに更新情報が表示されるので、告知開始とともに見てもらえます。さらにSNSで拡散すれば、より多くの人に見てもらえますね。
 
WordPressに告知記事を書いても良いのですよ。ただ、WordPressに書いておくだけではなくアメブロに障りだけ書いて飛ばした方がいいです。私は申し込みはリザーブストックなので、アメブロからリザストに飛ばすようにしています。

ホームページは1つでいいですよ

WordPressは自分で作ることができますが、知識がないとキツイし時間もかかります。ホームページ作成業者に頼むと、「誰に頼もう」から始まって、打ち合わせをし、コンテンツを揃え、完成までに数ヶ月かかるのはザラです。
 
アメーバオウンドはアメブロとの連携もしやすく、無料で簡単に作れます。ダッシュボードがWordPressと似ているので、WordPressでホームページを作るまでの仮ホームページとしてオススメしています。
 
けど、たくさんのサイトを管理、運営するのは大変ですし、ホームページは1つで十分です。WordPressができたら、アメーバオウンドのホームページをどうするか考えましょう。それまでに書いたお役立ち記事は、WordPressにリライトしていくといいですね。

まとめ

職種によってホームページの作り方、運営の仕方は違います。また、いくつものサイトを持つと管理が大変になります。
 
本当に必要なのはどのサイトなのか、どこに何を書いていったらいいのかを整理しましょう。そして、お客様が検索して訪れてくれる、お申し込みに繋がる仕組み作りをしてくださいね。
 

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。