サイトに検索されたい複数の地名を入れるデメリットについて

アメブロから始まるWeb集客の仕組み作り。女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。パソコン苦手な女性に向けてWeb集客のアドバイスを書いています。

複数の地名を入れることにより検索順位が落ちる?

サロンやお教室など、店舗があるお仕事の場合、ブログタイトルにどこにあるのか地名を入れますね。広い範囲からお客様に来てもらいたくて、複数の地名を入れたくなる気持ちはわかります。けど、それがかえって検索順位を落とす結果になっているかもしれません。
 
Googleは、検索する人の役に立つ情報を上位に表示させます。そのことを頭に入れて次の例を見てくださいね。

 

Googleはどちらを上位にするでしょう

あなたが東京渋谷でパン屋さんを開店するとします。渋谷だけではなく、原宿に遊をびに来る人にも来てもらいたい。あ、表参道からも歩けるし、恵比寿からも近いよね。「東京渋谷 原宿 表参道 恵比寿パンの〇〇」というサイトを作ります。
 
ライバルは「東京渋谷公園通りパンのお店〇〇」というサイトでした。どちらが上位に表示されるでしょうか。
 
明らかに渋谷にあるので、ライバルのサイトをGoogleは上位に表示させる可能性が高いです。渋谷 原宿 表参道 恵比寿と入ったサイトは検索する人にとって、迷惑なサイトです。検索する人は渋谷にあるパン屋さんを探すのですから。

郵便番号と固定電話番号を入れよう

Googleは、検索ユーザーのために、どこにあるのかを知りたいのです。検索されたい人の思いなんてどうでもいいの。あくまでもユーザーファーストです。
 
できるならGoogleマイビジネスに登録をしましょう。無料で登録できて、検索結果の地図に表示してもらえます。あなたのサイトに郵便番号と固定の電話番号が入っていると、どこに存在するかGoogleが確定できます。自宅サロンの場合難しいかもしれませんが、入れられるなら、郵便番号と固定電話の番号もサイトに入れておきましょう。

複数店舗がある場合はどうするか

ここで疑問が湧いてきませんか?複数の店舗があると複数の地名が入ります。どうしたら良いのでしょうか。
 
答えは大手のチェーン店のウェブサイトにあります。マク〇ナルドでも、牛丼の吉〇家でもいいので、サイトの店舗情報を見てみてください。見るのはURLね。どちらもウェブサイトは〇〇.comですが、店舗検索はmap.〇〇.comになっています。検索するユーザーのスマートフォンの位置情報から、近くの店舗がわかるようなサイトになっているのです。
複数店舗を持つ場合、サイトは別にした方が良いと考えています。

まとめ

店舗経営をするなら、欲張って沢山の地名は入れない。検索するユーザーのことを考えて地名を入れましょう。複数店舗を展開するなら、サイトは別にした方が検索ユーザー為になるので、検索で有利になるでしょう。
 
最初にも書きましたが、Googleは検索するユーザーの役に立つ情報を上位に表示します。検索されたいあなたの思いではなく、検索するユーザーのことを考えて地名を入れてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。