読まれるステップメールを作る8つのポイント

ステップメール作成のポイント

メルマガ読者を増やすため、ステップメールを作りたい。今年は例年以上に多くのステップメール作成サポートを手がけました。

その中で毎回同じことを言っていることに気付きました(笑)なのでまとめておきますね!

※ステップメールの作り方はYouTube動画にしています。

誰がどうなれるステップメールを作るのか。
ゴールに向かって毎日ステップアップしていくイメージです。

ステップメールは1記事1500文字~2000文字程度で書きあげてもらいます。短すぎると内容が薄くなり、読んだ人の満足感がないですし、長くなりすぎると読むのがしんどくなる。1,500文字~2,000文字程度が妥当かなと考えています。

ステップは7日間~10日間くらいで作る訳ですが、内容が仕上がって設置するときに注意してもらいたい点がいくつかありますのでまとめておきますね。

 

1、登録直後にステップメール1日目を配信する

興味を持ってステップメールにご登録くださったのに、「ご登録ありがとうございました。明日から・・・」ではガッカリですよね。

せっかく興味を持って登録してくださったのですから、直ぐにお読みいただけるようにしましょう。

メルマガスタンドにもよると思いますが、登録時に自動返信されるメールがあると思います。そこに1日目の内容をセットします。1日目に2日目の内容、2日目に3日目の内容と1日ズレる状態でセットをしてください。

 

2、ステップメール初日には全話のタイトルを入れる

ステップメールのタイトルを入れる

1日目、初日に送られるメールには、感謝の言葉と、これから配信されるメール記事のタイトルを入れます。

1日目「〇〇〇」
2日目「●●●」
3日目「×××」
4日目「△△△」
のように。

全話のタイトルを記述してから1日目の内容に入るようにしてください。
全話のタイトルを入れることによって、ワクワクしてもらいましょう。

 

3、ステップメール始めと終わりの定型文

毎日冒頭で、昨日のタイトルと今日のタイトルを入れます。終わりには今日のタイトルと明日のタイトルを入れます。

例)昨日はメール講座2日目「●●●」でした。今日は3日目「×××」についてです。
以上今日はメール講座3日目「×××」についてお伝えをしました。明日は4日目「△△△」についてお伝えをしますね。楽しみにお待ちください。

これは、今日の内容を読んでもらう前に、昨日の内容を思い出してもらうため。ドラマでも前回までの内容をダイジェストで見せてくれるものが昔はありました。(最近見ないですね)前回の内容を思い出すと、今日の内容にすんなり入ることができます。

また、万が一ステップメールが届いていない場合、「昨日届きませんでした」と連絡を入れてもらえます。ほぼ100%迷惑メールに入ってしまっているのですが、届いてないと気付いてもらえます。

最後に今日のタイトルを書くのも、今日のタイトルを見て、今日の学びは何だったのか振り返れます。

そして、最後に入れる定型文で、明日の内容を楽しみにしてもらえます。翌日の内容についてもっと触れるのもありです。

 

ステップメールでは毎回ご意見ご感想を即す

メルマガの感想をもらう

ステップメールにご感想をいただけるのは、メチャメチャ嬉しいものです。反応がないのは寂しいものですし、改善もできません。

なので毎回、「このメール講座にご意見ご感想がありましたら、このメールに返信してください」など入れておくといいですね。

メルマガに返信をして、本人に届くということを知らない人もいますので、返信で届くということを書いておくことも大切なことです。

 

ステップメール最終日に解除されないように

ステップメールを作っても、内容が良くなければ途中で解除されます。また、最終日まで読んで解除する人もいます。

なので、最終日が肝心!解除されないように、あなたの仕事への思いなど、読んでくださる方の心に響き、これからも読み続けたくなる内容を入れてください。

そして、
・このまま通常メルマガに移行するのでお付き合いいただきたいということ
・必要じゃなくなればいつでも解除できること
を書いておいてください。

メルマガ読者を増やすために作ったステップメールですから、最終日を読んで解除されるのはできるだけ避けたいですね。

 

ステップメールを配信する時間

ステップメールを配信する時間

メルマガスタンドにもよるかもしれませんが、ステップメールの設定方法は選べると思います。ステップメールが終了したら通常メルマガに登録されるのか、ステップメール登録と同時に通常メルマガに登録されるのか。

もし、ステップメール登録と同時に通常メルマガにも登録となるのであれば、ステップメールを配信する時間だけを考えるのではなく、通常メルマガの配信時間も考えましょう。

同時刻に2通届く日も出てくると思いますので。

因みに私の通常メルマガは夜に配信しますので、ステップメールは昼間に届くように設定してあります。

 

ステップメールが終わり通常メルマガを配信する時期

ステップメールを開始したら、それに合わせて通常メルマガの配信も始めなければなりません。

7日間のステップメールであれば、開始10日後には通常メルマガを配信した方がいいでしょう。10日間のステップメールであれば、開始13日後くらいかな。せっかくステップメールで親近感を持ってくれた読者の方に、余り間を置かずに送るのがポイントです。

「まだそんなに登録してくれていないので」と言って通常メルマガを始めない人もいますが、1人でもステップメールに登録してくれたなら、その1人の人のために通常メルマガも配信してくださいね。その1人の人が、あなたのサービスを受けるか迷っているかもしれません。

ステップメールの配信を始める時には、第一回目に通常メルマガで配信する内容も考えておきたいものです。

 

ステップメールは開始前から準備が大切

メルマガはこちらのタイミングでアプローチできる媒体です。募集するときだけ送るようなことはせず、普段から読者の方のためになる、有益な情報を配信し、信頼関係を築いておきたいもの。

通常メルマガを始めたら、読者1人でも定期的に配信をしなくてはなりません。1人のために配信するより、多くの方のために送りたいですよね。

なのでステップメールを始める際、募集開始直後になるべく多くの方に登録してもらえる工夫が必要です。

事前に何度かステップメールを始めることを予告して楽しみに待っていてもらいましょう。開始日が決まったら、その日を予告する。配信開始当日は募集記事をしっかり書いて、一人でも多くの人に登録してもらってくださいね。

頑張って作ったステップメールが多くの方の役に立ち、あなたのメルマガ読者が増えますように!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。