WEBマーケティングのファネルを理解し、お客様の導線を書き出してみよう

WEB集客ツールを書き出してみよう

ブログ集客とかSNS集客とか言われていますが、今の時代、どれか一つやれば上手くいくなんてものはなくて、導線を作り上手に活用しなければなりません。

「ブログも書かなきゃならないし、SNSでも発信をしなきゃならないし、メルマガも書かなくちゃ!」と大変になってしまっている人もいれば、発信をするときに「はて…これはインスタ?それともメルマガ?どこに書けばいいんだろう」になってしまう人もいます。

WEB集客が整理整頓されていないのですね。お客様にどこで知ってもらい、どこに誘導して、どこで商売をするのか整理してみましょう。

 

Web集客のファネル

これはマーケティングで言うファネルです。(※ファネルとは漏斗)

Web集客ファネル

最初に接触するコンテンツで、あなたを知ってもらい、興味・関心を持ってもらいます。

そこから比較・検討するためのコンテンツに誘導します。

更にこちらからアプローチできる営業ツールに登録してもらい、商売はそこでします。

 

以前、このブログに書いたメルマガやLINE公式アカウントの友達を増やすには、SNSのフォロワーを増やさないとというお話ね。

メルマガやLINE@登録

あなたが使っているそれぞれのツールが、緑、黄色、赤のどこに入るかイメージをしてみてください。

 

あなたのWebツールを書き出し、導線も書き込んでみよう

最近のグループコンサルティングでは、ご自身のWeb集客の全体像を書き出してもらっています。

これがセミナーやグルコンで使用しているWeb集客の全体像ですが、これと同じように、自分が使っているものを全部書き出し、導線となる矢印も書き込んでもらっているのです。

Web集客の全体像

 

こんなワークシートをお渡ししています。WEBマーケティングワークシート

実際に書き込んでもらうと気付きがあります。「わ!他の人に比べて使っているSNSが全然足りない!」とか「やはりメルマガかLINE公式アカウントはやらなければならないんですね」「Webを使って集客するのがどういうことかやっとわかりました」などなど。

今の時代、SNSを全く使っていないというのは論外ですが、「フェイスブックはやっています」のそのフェイスブックの友達が、あなたのサービスに興味がない人ばかりであれば意味がないですよね。「ツイッターとインスタグラムもやっています」でも、プライベートユースで知り合いとだけ繋がっていたら、仕事には繋がらないというのも当然というのはわかると思います。

ビジネスで使うSNSは楽しむだけでは仕事には繋がりません。あなたやあなたのサービスに興味がある人を集めていかないと。

フェイスブック以外は複数のアカウントを持てますので、ビジネス用にアカウントを作ってください。フォロワーを増やし複数のSNSを活用して、ファネルの入り口を広げていかないとです。

WEB集客のファネルを知り、お客様の導線を作れば、集客は自動販売機化します。

ぜひ、あなたの使っているWeb集客ツールを書き出し、どこで知ってもらって、どこに誘導して、どこで商売をするのか矢印まで書き込んでみてくださいね。あなたに足りないものがわかるでしょうし、どこに何を書いて行ったらいいか迷うこともなくなると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。