アメブロで集客できない人がしている3つの勘違いと3つの提案

アメブロ全体のアクセス数が激減しています。何年も書いている人は肌で感じていると思います。

過去に『アメブロバブル』と言われた時代がありました。その頃はアクティブユーザー数も多く、アメブロ内でも商売が回っていた。時代は急激に変わったのですよ。

 

アメブロで集客できない人がしている3つの勘違い

未だにアメブロバブルの頃のやり方をしている人は苦しい時代に突入しました。アメブロで集客できない人がしている3つの勘違いについてまとめてみました。

 

アメブロ内で売ろうとしている

アメブロバブルの頃は、アメブロのアクティブユーザーも多く、アメブロ内だけで回っていることもありました。現在、ピーク時に比べて、アクティブユーザー数も減り、全体のアクセス数は何百万分の1に減っています。

3年前1000PVで3万位台後半でしたが、現在は1000PVいかなくても1万位台に入れます。どれだけ全体のアクセス数が減っているかわかりますね。

 

アメブロルール

アメブロ内ルールみたいなものがあります。アメブロ内だけでビジネスが回るならそれでもいいのですが、外部の人が見たら変だよ~。もっとWebのスタンダードで書く練習をしないと。

アメブロには読者登録、いいね、ペタなど、交流する機能が付いています。ブログという名前は付いていますが、ストック型のSNSと考えていいでしょう。

アメブロガー同士なら、どんな記事でもお付き合いで読んでくれる。それでいいと思わないこと。集客するのにアメブロのアクセス数やいいねの数は関係ないです。

 

そもそもブログを書く意味を理解していない

お客様に見つけてもらえるなら、ブログはアメブロじゃなくてもいいんです。最初からブログ更新型のホームページを作れれば一番いい。けど、他のブログサイトやWordPressで書くと孤独です。最初は誰も読んでくれないもん。

検索からの流入は徐々にきますが、検索される記事を書けるようにならないと、いつまで経っても誰にも読んでもらえません。なので、いきなりの移行はオススメしないのです。

 

アメブロを集客に使う3つの提案

アメブロを使って集客したいなら、アメブロ内で集客するという概念は捨てること!あくまでも一つのツールとして使わせてもらいましょう。検索に強くはないけど、ちゃんとやれば検索で上位表示されます。ただ、今後もアクティブユーザー数は減り、全体のアクセス数が下がる流れは止まらない可能性もあります。

ブログを書く本当の意味を理解し方向性を変えてください。辿り着いた先がアメブロなだけで、買ってくれるのは一般の人。必要としている人に届かないと書いている意味はありませんよ。アメブロの読者数、アクセス数もいいねも数ではありません。認知を広げる意味はありますが、誰を集めるかです。

これからは、
1、アメブロはツールの一つと捉え、検索されるサイト作りを練習してください。
2、今まで以上にリスト取り(メルマガ、LINE@)に力を入れてください。
3、検索されるサイト作りがわかったら、WordPressなどで、借り物ではない自分のサイトを作ってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

増田 恵美

【学芸会で終わらないビジネスを作る】をモットーに、セミナー講師、コンサルタントとして活動中。Webを使った集客、検索に強いサイト作りを得意としている。女性心理のツボを突く集客で好評をいただいております。